未分類

悲しい神奈川での歴史

神奈川、
おそらく、悲しい歴史を経てきた彼らの国家の状況は、神奈川服を着た男性の背景から目に飛び込んでいったでしょう。

それは決して豊かではありません。
そうすることによって、彼らは財政的利益を持ちません。

それは誇りです。

神奈川おでん『あさひや』

私は、それが彼らの形である戦争の戦いとの戦いで戦う意思の表明であるとも思う。
彼らが着ているブランドの服は、戦闘服を話すことです。

神奈川服を着た彼らの姿は美しく誇りに思う。

日本人はどこですか?
もちろん、現代日本人にそれを準備させるのは間違いです。
常におしゃれなものを楽しむ。
そこに霊性を持たせることは不可能です。

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です