未分類

神奈川ではいい気分じゃない!

美希ちゃんの秘密の唇から、愛のジュースが泡立つ顔を濡らすことなく溢れました。
「神奈川、いい気分じゃない!
私は今までに味わったことがなかったことを喜んで、神奈川は教室であることを忘れて、大きなパンツの声を上げ始めました。
「三木あなたは一番気分はどこですか?」
“恥ずかしい恥ずかしいです!”
神奈川県庁にレインボーカラー

「三木が止まると言わなければならない!
“私を悩ますことを止めてはいけません、信じてください!”
智志は三木の言葉を聞いて、クリトリスの包皮を左右に広げ、裸のクリトリスに吸った。
“それほど頻繁に起こったことはありません”
三木の声が上がった。
神奈川は彼の唇で定期的にクリトリスを圧迫し、舌で舐めていた。
“いいことがある” 神奈川 ”
神奈川のパンツの声が上がるのを待っているように、神奈川は陰核刺激を加速して強化しました。
“すみません、もう一度やめます”

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です