未分類

神奈川で大きな声を上げて抵抗した

“神奈川、しないでください!”
ミキは大きな声を上げて抵抗した。
私は羊飼いの手で湿った秘密のリサを押し出し、舌が広がっていた秘密の唇のまわりを這い回った。
“いいえ、神奈川は気にしません”
心地よい気持ちが私の体を再び包み込んでいた。
神奈川で美味しい紅茶が飲みたい

私が以前に味わったことのない気分。
拡大する秘密の唇を上から下にゆっくりと叩くように、聡の舌は動いていた。
彼の舌が一番上になると、彼は自分のラッピングから膨らんだクリトリスを拾い上げ、それをひっくり返した。
“ああ、ああ、あなたはしない!”
三木は手をかぶせた顔を左右に振って喜んで押し付けた。
“ミキは素晴らしいです!私の愛は私の猫から溢れて、それは良い感じです!
「驚くべきことがよかった!」
_神奈川のふさわしい声
聡の舌は彼の秘密を巻いて急いで鼓腸を膨らませた。

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です