未分類

私は神奈川でしばらく泣いた

神奈川

“京平の分まで… ….

私はあなたに生きていきます。 ”

私は不特定の座席を離れました。

私はしばらく泣いた。

神奈川は嘔吐するまで泣いた…

ドンドンで涙が溢れている

神奈川県観光課が発行する『かなもえ』をゲットしよう!

私は死ぬまで泣いた。

涙が朝に止まり、

私は1つの部屋で考えていた。

私はあまりにも泣いていると私は目がかゆいです

それを保ちながら、私は今日泣く

私はそれを最後にすることを誓った。

京平の死

私はそれを取ると思った。

神奈川まで、強く強く

私は生きることを誓った。

京平は私の体の一部です。

京平はヒンジの側面にある

私は考えることができた。

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です