未分類

神奈川で目を閉じて顔を上げる

私は大丈夫だと思う。

神奈川は私の目を閉じて、私の顔を上げるあなたを見つめながら私は私の髪をくすぐっている…

あなたの頬に少し軽くキスして、深く呼吸しながら肩をすくめて肩をすくめた、「気持ちがいいです…」私が言うとき、あなたは赤面して、「今度は神奈川を愛してくれるだろう」と言う。私の胸の中にキスしながら自分の足の間に自分を入れなさい…

神奈川のユネッサンでボージョレ・ヌーボー風呂

太ももから身体の中央で暑くて丈夫なものまで、右手を伸ばしながら乳首にキスをした。あなたの手のひらでボールと鉄筋を回りながら指先で指先を弾く。 。

神奈川の目を閉じて、あなたの慈悲に残っている間、私の体の中心が熱くなってきたと感じました…

あなたはあなたの胸からあなたの舌を下げ、脇腹と腹のボタンを通過すると、太ももを下った。

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です