未分類

有名だから説明する神奈川の出会い

(エピソード2に続く…)
欧米の幼児教育に感動! ②

写真を表示
(前の話の続きです前の話を読んでください)

先日、有名なルーブル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館、スミソニアン美術館、オランダの国立美術館、マドリードのプラド美術館を見学しました。幼い子供たちが無邪気に遊んでいる間、教師は?美術館の先生?講義をしたい人=一生懸命説明! !!神奈川の出会い

一部の学生は、芸術の学生のように(将来有望ですか?)、またはヤンチャとオテンバは私と同じように描いています。急いでいて、横になって講義を受けた子供たちがいました! (笑)

神奈川の出会い

西洋の会社は、美術館内での会社外活動に非常に積極的で、頻繁に参加しています。 !!

神奈川の出会い非常に素晴らしい

私がそのような教えを受けていたら、私は偽造できる芸術の天才になることができますか?

(笑)( ´▽)

「私は西洋の幼児教育に感銘を受けました! ①

写真を表示神奈川の出会い
先ほど「欧米と日本の芸術意識の違い」についてお話ししましたが、またひとつの要因に出会いました!

今回、久しぶりにアムステルダムを訪れました…好きな美術館のひとつである国立美術館の「ソール」を痛感しました! !!

「唯一」とは、幼児教育における課外活動で「芸術の鑑賞」が大いに取り上げられることを意味します! !!

神奈川の出会い田舎で育ったせいか…野外活動(校外活動)、陶芸、和紙作り、七宝焼き、わらび・栗狩りなどが関山でした。 (笑)

admin (Author)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です